月額最安No.1の格安SIMはどこ?

せっかく格安SIMのだから、とことん月額を安くしたいと思うユーザーも多いのではないでしょうか。ここでは安い月額の格安SIMプランを紹介します。

 

とにかく月額最安が欲しい

携帯電話は必需品だけど、自分の月額予算はかなりキツイ状態。とにかく安く手に入れたいという方にはキャリアではなく格安SIMの中でも月額最安値を探す他ありません。また、データ専用にしたスマホやタブレットなどの2台持ちなどの場合は、テザリングで使うか2代目のSIMをどれだけ安くするかに維持費がかかってきます。SIMには大きく分けて3通り有り、データ通信専用SIM・通話対応SIM・データ通信SMS付SIMがあります。一番安く手に入りやすいSIMはデータ通信専用SIMです。しかし電話はもちろん、キャリアのような便利さや使い放題的なサービスも付帯していません。容量が少なかったり、通信速度が遅い場合もあります。これを理解した上でならば、データ通信専用SIMの最安を狙っていきましょう。

 

DMMモバイルのとにかく安いプラン

とにかく安いというのがDMMモバイルです。特に容量ライトプランは月額440円という激安です。高速通信ができないというのが不便かもしれませんが、最低限にしか使わないという方には理想的な価格といえるでしょう。「もうちょっと容量を足したい」という場合は追加チャージをすることで高速データ通信も利用できます。完全に不便というわけではないのです。人気の激安プランは1GBの月額480円です。500円ワンコインを切るというところが何とも魅力的ですね。ヘビーユーザーではないけれど、もうちょっと普通に使いたいという場合は3GBくらいの容量が現実的で人気があります。それでも月額が千円を切る月額850円です。色々なデメリットは置いておいて、最安王はDMMモバイルでしょう。

 

イオンモバイルのデータプランも安い

DMMモバイルが安くて有名ですが、イオンモバイルのデータ通信SIMも負けてはいません。1GBで月額480円は同じです。3GBプランはなく、4GBプランになりますが、月額980円で千円を切ります。イオンモバイルの人気は音声通話SIMで、人気は4GBで1580円ですが、実は音声プランで500MBというプランがあり月額1130円とこれは最安でしょう。最低限の音声通話SIMが欲しい場合はここですね。ただし、音声通話SIMは通話料金が別途かかるので月額の支払いを意識して使いたいところです。

 

LINE mobileの実質安いプラン

DMMモバイルの1GBプランがワンコイン以下なら、LINE mobileのLINEフリープランなら1GBでワンコイン月額500円です。「DMMモバイルよりちょっと高いじゃないか」と思いますよね。しかしこのLINEフリープランは、LINEの音声通話にトークに画像動画の送受信にタイムラインの閲覧などカウントフリー、つまり通信量にカウントされないのです。1GBを過ぎると高速通信できなくなりますが、LINEに限っては1GBを越してしまっても高速通信が可能です。1GBで月額500円といっても、実質は1GB以上で500円という感覚でしょう。こんなに安いのに、気にせずLINEが出来てしまうなんて、LINEユーザーにとっては最安といえます。ちなみにDMMモバイルの3GBは千円を切る850円でしたが、LINE mobileの3GBは残念ながら月額1110円と千円以上になってしまいます。やっぱりちょっと最安とは言い切れない印象がありますが、この3GBプランは他に5・7・10GBと容量があるコミュニケーションフリープランです。LINEだけでなく、ツイッターやFacebook、instagramまでカウントフリーです。ゲームはあまりしないけど、よくツイッターを見ていたり、友人知人のFacebookをチェックすることが多い方などはそれらがカウントされないということが既に最安です。


こちらのコラムも人気です!