格安SIMとキャリアの違いとは?

「携帯料金高いなぁ」と思う人は多く。もっと月々を安くしたいという要望に応えるために登場したのが「格安SIM」です。ショップでは、格安スマホと格安SIMがセットで販売されていることも多いです。では、格安SIMと、従来の電話会社であるキャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)との違いは何でしょうか。

 

SIMカードと格安SIM

SIMカードとは、全ての携帯電話に入っていて、カード内のメモリーの中に登録されている電話番号が有効になります。端末自体には電話番号は登録されていないのです。SIMカードには、電話番号以外にも通信を行う機能や回線の情報など大切なことが入っています。SIMカードが入っていない端末は、携帯電話の機能をしないことになりますね。例えば、docomoのスマホであれば、電話番号の他にdocomoで通信するための情報が入っていて、電話をかけたりインターネットを使用したりできます。Docomoやau、softbankなどは「キャリア」と言われていて3大通信会社です。通常キャリアは携帯電話端末にSIMカードを入れた状態で販売します。しかし「格安SIM」はカードのみの販売で、セット販売など以外だと自分で端末を用意してインターネットなどの開通を自分で行うことになります。キャリアと違い、端末を別にして、機能を限定したりすることで月々の支払いが安くなるというものが「格安SIM」となります。

 

MVNOと格安SIM

大手キャリアの回線を借りて、通信事業者免許を持っている会社がSIMを販売提供することをMVNOといいます。このSIMが「格安SIM」です。現在格安SIMを販売する会社は数多く、DMM、マイネオ、OCNモバイル、b-mobile、nuro mobile、ニフモ、ぷららモバイルLTE、ワイレスゲート、IIJmioタイプD、BIGLOBE SIM、U-mobile、楽天モバイル、LINEモバイル、exciteモバイル、スマモバ等々があります。

 

キャリアと格安SIM

回線を借りるMVNOがキャリアよりも格安のSIMを販売できるというのは、キャリアのように1回線ずつ購入するより、MVNOが大量に回線を購入するほうが安い・・・という理屈になります。また、キャリアで販売するSIMが音声通話からデータ通信まで全てを網羅しているのに比べ、格安SIMは「音声通話SIM」や「データ通信専用SIM」や「データ通信+SMS」などサービスを細分化することで価格を下げています。ユーザーとしても、必要な機能だけを買えてお得ということになります。容量も「あまり使わないユーザー向け」のGB数から、「ヘビーユーザー向け」のGB数まで選べたりするので、更に価格はユーザーの必要に応じて選べるようになります。

 

キャリアと違って格安SIMは繋がりにくい?!

格安SIMの使用を検討していて不安になるのは「安い分、繋がりにくいのでは?」という点です。携帯電話は繋がってこそのツールですから、繋がりにくいというストレスは安くてもNGです。そこは大手通信事業者である「キャリア」、つまりdocomoやau、softbankの回線を借りているので、規格が同じであれば通信エリアに心配はありません。


こちらのコラムも人気です!