格安SIMに乗り換えたい

格安SIMに乗り換えるにあたって、データ通信用などに使用するサブ的な使い方は意外に多くはありません。音声通話とデータ通信両方をそなえたSIMで、格安さを求め選ぶ人の方が多かったりするのです。メインの端末として使う目的で乗り換える場合は特に、気をつけたいポイントなど把握して契約にのぞみたいところです。

 

はじめにチェックしたいポイント

格安SIMに乗り換えようとするにあたって、色々なポイントがありますが、一番初めにチェックしなければならないのは「動作確認」です。格安SIMを端末とセットで購入するのではなく、大手キャリアから乗り換える場合はちゃんと動作するのか確認しなければいけません。オール動作とはいかないのです。各MVNOのホームページなどで「動作確認済み端末」として記載公開されています。「一般的な機種だから大丈夫だろう」ではなく、どこのキャリアのどんな機種が大丈夫で、どんな機能はOKなのかNGなのか調べてから購入に入りましょう。例えば、スマホ自体が他社のネットワークで使われている周波数に対応していることが必要です。シャープや京セラなどの国産スマホはsoftbankのネットワークに特化しているので、SIMロック解除して格安SIMに乗り換えると、電波状況が悪かったりします。

 

SIMロック解除とは?

SIMカードには携帯電話が使えるようにする電話番号や大事な設定が盛り込まれています。キャリアで購入した端末には、購入したキャリアでしか使えないようにロックがかけられていて、違うキャリアのSIMカードに入れ替えても使えないようにできています。

しかし、2015年5月以降に発売されたスマホでは、購入して一定期間(100日)を経過するとSIMロックを解除できるようになりました。キャリアによってSIMロックを解除できる条件などは若干異なりますが、各キャリアではSIMロック解除可能な機種の対応周波数帯などが公開されています。

SIMロックを解除していない状態(SIMロックされた状態)では、スマホを購入したキャリアの回線しか利用できませんが、格安SIMはキャリアの回線を利用しているため、スマホを購入したのと同じキャリアの格安SIMならSIMロックされた状態でも使用できます。

ドコモの回線を利用した格安SIMは数多くあり、大半の格安SIMがドコモ回線を利用しているので、ドコモで購入したスマホでもそのまま利用でします。AU回線を利用した格安SIMも数社ありますが、まだまだ少ないので、AUで購入したスマフォを利用する場合にはUQモバイルやmineoやBIGLOBEなどから選ぶことになります。ソフトバンクの回線を利用した格安SIMはごくわずかしかなく、データ通信SIMのみなので、ソフトバンクで購入したスマホをそのまま利用するには、いましばらく時期を待つ必要があります。

 

キャリアから持ち越せるものと持ち越せないもの

電話番号をキャリアから別ブランドに持ち越すことを「MNP」といいます。キャリアに「MNPを利用して転出します」と伝えて「MNP予約番号」を取得します。格安SIMに乗り換える際には、キャリアで取得した「MNP予約番号」と一緒に新たな格安SIMに新規の申し込みをします。これにより、電話番号は変えずに格安SIMに乗り換えられるのです。

しかし、キャリアから持ち出せるのは電話番号のみで、キャリアメールのアドレスは持ち出しできません。キャリア以外のメールアドレスやフリーメールのアドレスから送られたのメールが自動的に受診拒否になってしまう連絡相手がいる場合には、要注意ポイントとなります。

もっとも、近頃では、メールでやりとりは少なくなり、LINEなどのメッセージアプリで連絡を取り合うことが多いので、どのような場面でキャリアメールを使ってきたか、必要性があるのかを再チェックすることが大切です。

 

自分で初期設定ができるか

格安SIMは、当然ながらSIMをセットして初期設定をして使います。格安SIMはWebサイトなどから新規契約を申し込めば、翌日にはSIMカードが発送されたりと迅速です。家電量販店カウンターなど店頭契約できるものは、早ければ即日でSIMカードが受け取れたりもします。

しかし問題はここからです。不慣れな方だと「このカード、手にしてどうする?」と戸惑ってしまうこともあります。ポイントは古いキャリアのSIMカードを外し、新しい格安SIMのSIMカードを挿入する流れで、SIMカードを入れ替える作業が必要な点です。

次が少々難しく、これまでのキャリアのアクセスポイント(ネットワークをアクセスするところ)とは設定が変更になるので、格安SIMのアクセスポイントをあらためて登録する初期設定をする作業が必要となります。これは格安SIMのSIMカードのパッケージや、格安SIMのサイトなどに詳しく記載されているので、見ながら設定作業を進めていくことができます。

しかし、初期設定のダウンロードに必要なWi-Fi環境がなかったり、入力が不慣れで不安という場合は、こういったサポートカウンターを設置するmaineoなどを選ぶという手もあります。


こちらのコラムも人気です!