格安SIMの問題点・デメリットとは?

格安SIMというと、どうしても「ちゃんと使えるのか?大丈夫なのか?」という心配をしてしまいます。安いのは、それなりの理由があるからだろうと思うからです。しかし、docomoなどのキャリア回線を使用しているので、通信エリアにはあまり心配が要りません。では、どこが本当に心配なところなのでしょう。格安SIMに替えてから「こんなはずじゃなかった!」ということにならないよう、デメリットは要チェックです。それには、ユーザーの使い方も関係してきます。欲しい機能・必要な機能は、ちゃんと使えるかを予習しておきましょう。

 

今までの(キャリア)メールアドレスが使えない

「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのアットマークより後ろがこのようなアドレスの場合はキャリアメールになります。これらは格安SIMに移行すると使うことができなくなります。それまでキャリアメールアドレスでやりとりしてきた方には、変更を通知しなければなりません。問題は、迷惑メール対策でキャリアメールアドレス以外からのメール受信を拒否している人にメールを送信できなくなるというデメリットがあります。また、キャリアメールアドレスを認証に使っていたりすると、サービスが使えないという事態になります。しかし「ほとんど連絡はLINEを使っているから」とか「元々Gmailとかフリーメールを使っているから、などという方はあまり問題視されないようです。

 

一部の格安SIMではテザリングができない?!

ちょっと前までは、docomo契約をしいていた端末をそのまま格安SIMで使用するとテザリングが利用できなかったりしました。アクセスポイントを設定するプログラムの問題があったためですが、現在はこの問題を解消してmineoなどでだとテザリング可能になっていたりします。

 

初期設定は自分やるのが基本

キャリアだったなら、ショップへ行って必要必須な初期設定をしてくれてユーザーに渡してくれます。もちろん必要なアプリなどは自分でダウンロードして設定しますが、その前段階を格安SIMユーザーは行わなければなりません。これは、端末は購入せずに格安SIMだけを購入することが多いため、自分でSIMを挿入してインターネットのアクセスポイント(APN)を設定しなければならないからです。格安SIMでも、端末とセットで購入する場合は設定してくれるMVNOもあります。

 

LINEでID検索が使えない

LINEで連絡を取り合う人が多くなりましたが、これが使えるか使えないかは大きなポイントになるでしょう。格安SIMの中でも「データ通信専用SIM」などだと、LINEを登録する際の認証ができない場合があるので「SMS付」というSIMを購入する必要があります。また、格安SIMは年齢の登録などユーザー登録がキャリアと違ってされていないため、ユーザー確認の年齢が18歳以上か未満かが分からないためにID検索機能が使えません。

例外として、LINEを母体としている格安SIMのLINE mobileなら年齢認証に対応しているため18歳以上ならばID検索が可能です。

 

支払いにはクレジットカードが必須?

格安SIMの料金支払いには、クレジットカードが必要というのが多いです。必須とまではいかないかもしれませんが、mineoやBIGLOBE SIMなど一部が口座振替対応しているだけで、クレジット決済が基本です。学生や現金主義の方、クレジットカードは持たないという方は思ったMVNOと契約できない場合があります。クレジットカードをあらかじめ作っておいたほうが良いのですが、無理な場合は口座振替対応のところと契約になります。


こちらのコラムも人気です!