iPhoneを格安運用するための3つの方法!

格安SIMはiPhoneにも使える

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

多くの家庭にとって、家計の大きな負担になっていると言っても過言ではない毎月のスマホ使用料を大きく節約できる手段として、最近多種多様なメディアで取り上げられているのが格安SIMや格安スマホと呼ばれるサービスになります。

格安SIMはMVNOと呼ばれる業者がドコモやau等の大手携帯事業者から通信回線を借りて利用者にサービスを提供しています。大手携帯事業者と同じ通信回線を利用してサービス提供をしているので、通信速度や通信安定性は大手携帯事業者と遜色ないイメージでスマホの利用ができる上に、毎月の通信費は大手携帯事業者よりも遥かに安いので、ここ最近で急激にシェアを伸ばしています。

各MVNOはシェアを伸ばすために、格安SIMを初めて利用する人でも、不安なく利用できるようなサービスを次々に打ち出しています。かつてはSIMカード単体での販売が一般的でしたが、最近ではSIMカードとSIMフリーのスマホのセット販売を行い、すぐに格安スマホの利用ができるようにしているMVNOは非常に多くなっています。

MVNOがセット販売するSIMフリースマホは殆どがアンドロイドスマホであるため、格安SIMはアンドロイドスマホでしか使えないと感じてしまう人もいるかもしれませんが、格安SIMはiPhoneでも利用可能です。

殆どのMVNOではiPhoneでの動作チェックを行っていますし、自社の公式サイトでiPhone用の構成プロファイルの配布を行っており、この構成プロファイルを導入することでiPhoneを格安スマホとして利用することが可能となります。

iPhoneを格安SIMで使うための具体的方法

c86cf7b6a45dcdd7c3cc0a50605d6d97_s

現在のところ、iPhoneを格安SIMで運用するための手段としては、アップルのオフィシャルストアでSIMフリーモデルを購入する、キャリア版を流用する、MVNOのセットプランを購入する、と大別して3種類の方法があります。それぞれの方法のメリットやデメリットについて比較をしていきましょう。

SIMフリーモデルを購入する

アップルストアやアップルオンラインストアで購入できるSIMフリーモデルは、原則どのSIMカードでも利用できるので、絶対的な安心感がありますし、購入時に公式の端末保証への加入もできます。

一方で大手キャリアなどでは一般的な端末購入補助がないので、高額な端末代金を全額自費で支払わなければいけないというデメリットも有ります。特にiPhone6s plusは本体価格が高額なので一括払いで購入する場合には一時的にかなりの出費を強いられることとなります。

キャリア版を流用する

どのキャリアから販売されたiPhoneでもSIMロックを解除すれば原則格安SIMでの利用が可能となります。またドコモ版のiPhoneならドコモ系の格安SIMが、au版のiPhoneならau系の格安SIMがそれぞれSIMロック解除無しで利用できるというメリットもあります。

キャリア版のiPhoneは分割払いで購入しているケースが多いので、格安SIMへ乗り換える際は、分割払いが完了していることや契約更新月かどうかなどのチェックする必要がありますし、乗り換えのタイミングを図ることが重要になります。

セットプランを購入する

ワイモバイルやUQモバイルでは格安SIMとiPhone5sをセットで販売しているので、初めて格安SIMを利用するという人にはこの方法がおすすめです。

注意点としては、販売されているiPhoneの機種が5sとやや古い機種である点にあります。iPhone5sは販売開始からすでに2年以上が経過している端末なので、長く使い続けることができるとは言い難い機種となっています。


こちらのコラムも人気です!