ApplePayにSuicaが追加できないトラブル、解決しました!

2016年10月25日にiOs10.1の中でリリースされたApplePayですが、リリース当日からSuicaが追加できないというトラブルが発生しています。リリースから2日経過した27日になっても解決されずトラブルが続いているユーザーも多いようです。

そんな中、Appleサポートに連絡した瞬間、Suicaの追加に成功したというケースがありましたので、紹介します。

img

ApplePayでSuicaを追加しようとすると、カード転送の段階で、
「現在”Suica”をついかすることができません」
「Suicaサービスを一時的にご利用になりません。」
というエラーが発生して、何をやっても、何度繰り返しても、追加できないという問題。

Appleのサイトのサポートページより、シリアル番号や連絡先電話番号や氏名などを入力して、電話でのサポートを依頼したところ、Appleサポートとの電話中に突然、Suicaの追加に成功したということです。

偶然といえば、偶然なのでしょうが、サポートの依頼時にiPhoneのシリアル番号を入力していたりするので、もしかしたら、この端末では、Apple側で優先的に登録できるような処理が行われたのかもしれませんね。

ちなみに、サポートの方の話では、このようなトラブルは多数発生しているとのこと。また、気になっていたSUICA購入時のデポジット500円は、ApplePayに追加したタイミングで500円分がチャージされる形で返金されるとのこと。

iPhoneのAppleサポートはこちら
https://getsupport.apple.com/?caller=psp&PRKEYS=PL133


こちらのコラムも人気です!