arrowsをセット販売している格安SIM

Arrows(アローズ)M03、RM03は格安SIMとよくセットで販売されます。Arrowsは日本のメーカーである富士通が製造しています。Docomoやauに提供していて、OSはadoroid。日本的な機能であるオサイフケータイや防水防塵なども対応しているので、シリーズとしても以前から人気を博している機種です。格安SIMとセットで購入するなら、どこのMVNOで購入できるのか、どのようなプランがあるのかを調べておきたいですね。

 

Arrowsの魅力

Arrows M03/RM03はdocomoの2016年夏のモデルarrowsSV’(S-03H)がベースで、これに搭載されていた機能はほとんど反映されているとされています。画面は5.0インチで同じですが、背面カメラの画素が810万画素から1310万画素になっていたり、前面カメラが240万画素から500万画素になっていたりと進化しています。また、バッテリー容量もUPしています。機能的に防水防塵は同じですが、ワンセグがついたり、カラーも種類が多くなったりと楽しめます。楽天モバイルやmineoなどは限定色も出ているので注目ですね。よく海外製品のスマホは取り扱い説明書がなく直感で操作することが多く、初めて手にした時などは戸惑いがちですが、arrowsには分厚い取扱説明書では難しいけれど何もないと困る・・・という方のためにも「かんたん操作ガイド」が同梱されています。「買ったけど、誰か立ち上げて!設定して!」ということがないのは、スマホに不慣れな方向けかもしれません。とはいえ安っぽさは無く、メタルフレームが採用されていたりして、デザインは高級感があります。

 

楽天モバイルのArrows

楽天モバイルではarrowsM03として販売されていて、シャンパンゴールド色は楽天モバイル限定となっています。端末費用は分割払いが可能です。期間限定の料金設定もあったりするので、時期は見極めたほうがいいかもしれません。楽天モバイルのお得な「コミコミプラン」にはarrowsは「プランL」が適用されます。月額は容量は4GBにプラス端末料金プラス5分かけ放題で3480円になります。注意点はこれは1年目の月額で、2年目は4480円、3年目は2696円になるということです。24ヶ月分割だからですね。分割なら初期費用が高いということがなく、3年目からはかなりお得になります。楽天モバイルならば、楽天でお買い物が好きという方には楽天スーパーポイントも使えるので更にお得かもしれません。スマホが初めてという方には「ご自宅出張申込」というサポートがあり、arrowsもその対象機種に入っています。

 

Mineo(マイネオ) のArrows

MineoのarrowsM03はブラック・ホワイト・ピンクの他に限定色のグリーンがあります。端末は一括だと31800円ですが、分割も可能で月額1325円を24ヶ月払いになります。Mineoは「auプラン」と「docomoプラン」があり、機種が限定される場合もあるのですが、arrowsM03はどちらにも対応しています。auプランとdocomoプランでは、月額基本料金が変わってくるので、選ぶ時はよく検討しましょう。通話料金についてはmineoの通話料金で、基本は国内通話20円/30秒となりますが、月額850円プラスで5分かけ放題サービスなどがあります。

 

LINE mobileのArrows

立ち上がってから大人気のLINE mobileにもarrowsM03があります。やはりワンセグ内臓で防水防塵、余裕の3日バッテリーは人気です。本体価格は32800円。残念ながらLINE mobileには分割払いがありません。契約時にしか申し込みができませんが「端末保証オプション」があり、月額450円で落下や水没などの端末交換や修理が可能です。

 

BIGLOBE SIMのArrows

BIGLOBE SIMにもarrowsM03があります。カラーはブラック・ホワイト・ピンクの三色で、限定色などはありません。しかし魅力は端末料金(アシストパックE)で端末分割が24ヶ月1490円などとお得になっているところでしょう。アフターケアオプションには「端末あんしんサービス」で破損故障に対応してくれるのが月額380円です。この機種は防水防塵で、米国国防総省規格でゲリラ豪雨にも耐えられるとかあります。とはいえ、絶対に壊れないスマホもないと思うので、端末の価格を考えると月額少し足すだけならつけてもいいかな?と思いますね。


こちらのコラムも人気です!