auのiPhoneと格安SIMを使うには?

auで購入したiPhoneのSIMには「SIMロック」がされています。これはauでの電話番号などの通信情報がSIMカードに登録されていて、他の通信会社のSIMに勝手に変えて使用できないようになっています。ロックされている限り、iPhoneは他社回線SIMを認識しないのです。以前は、auで購入したらずっとそのまま、docomoで購入したらずっとdocomoでしかありませんでした。しかし2015年5月に、携帯電話やスマホの「SIMロック解除義務化」が始まったことで、購入した時のそのままで我慢する必要が無くなりました。SIMロック解除をすることで、各MVNOの格安SIMを入れ替えることができるようになったのです。

 

アップルストアとauのiPhone

auも含めてキャリアのiPhoneを購入し続けている方からすれば、SIMロックされている状態が普通です。ところが、実はそれは日本だけで多く見られることで、海外ではそもそも最初から格安SIMを使えるようフリーになって販売されています。アップルストアは海外メーカーのApple社ですから、こちらから購入するiPhoneはSIMフリー状態で、ロックを解除する必要がありません。auのiPhoneを購入して、そのまま端末を使い続けたい場合はSIMフリー化が必要ですが、「格安SIMに早くしたいし、新しいiPhoneにしたい」というような場合には、最初からSIMロック解除の必要がないアップルストアのiPhoneを購入する選択もあります。

 

SIMロック解除が必要ないiPhoneは?

SIMロック解除せずに格安SIMに乗り換えたいという方もいらっしゃるでしょう。それには、auのiPhoneをお持ちの方はauの通信回線を使ったMVNOの格安SIMを購入することです。MVNOはキャリアの通信回線を借りることでSIMを格安にしています。ただし、回線の周波数があるので、au回線のままdocomo回線使用のMVNOの格安SIMは使うことができません。どちらかというと、ほとんどがdocomo回線を使用したMVNOが多いので、docomoのiPhoneの方はSIMロック解除が必要ない場合が多いですが、auはまだまだ選択肢が少ないですね。「mineo(マイネオ)」や「IIJmio(みおふぉん)」がau回線になります。人気急上昇のLINE mobileもdocomo回線で、auで購入したiPhoneではSIMロック解除の必要が出てきます。

 

au公式SIMロック解除のiPhone機種

SIMロック解除には公式と非公式の方法があります。もちろん非公式は自己責任になってしまうリスクがあるので、ここではauが公式にSIMロック解除できるiPhone機種をご紹介しておきましょう。一番新しいもの(2017年現在)で、iPhone7Plus・iPhone7・iPhone SE・iPhone6s Plus・iPhone6s までが公式解除可能になります。新しい機種に近いのにau公式解除できないのがiPhone6 Plus・ iPhone6・iPhone5s・iPhone5c・iPhone4sなどです。基本的に、2015年5月以降新たにauで発売されたSIM解除機能対応のもので、機種購入から181日目以降であること(購入当日が1日目)。ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないことが条件になります。


こちらのコラムも人気です!