DoCoMoのiPhoneと格安SIMを使うには?

iPhone愛用ユーザーは多いですが、iPhoneの悩みどころは「それ、iPhoneにも対応するかな?」というところです。Apple独自の路線を走ってきたiPhoneは、何にしても「iPhoneだけ非対応」とか「手順が違う」とか普及しても色々ありました。格安SIMは使いたいけれど、iPhoneも大丈夫かな?どうしたら使えるのだろう?と思うのは当然かもしれません。そこで、iPhoneを格安SIMが多い回線のdocomo端末から「格安SIM」で使えるようにするにはどうしたらよいのか。また、iPhoneをSIMフリー化するにはどうしたら良いかなどと共に、格安SIMで使うと今までの機能で使えないことがないかチェックしたいですね。

 

iPhoneで格安SIMを使いたい

現在iPhoneをお持ちの方で格安SIMを使用したい場合は、基本的には普通の乗り換えと同じなのですが、iPhoneにはやっぱりその他に操作が必要になります。まずは欲しい格安SIMを選んで決定し申し込みましょう。ナンバーポータビリティ(MNP)という電話番号持ち出しをしたい場合は、あらかじめキャリアに申し込んでおいたMNP予約番号も一緒に添付します。格安SIMを使うには、設定時に環境はWi-Fiがあるところで行います。iPhone自体は設定を完了させるまで自力で繋げることができません。iPhoneから、これまでのSIMカードを取り出し、届いた格安SIMを差し込みます。iPhoneにSIMカードを認識させます。iPhoneのANP(アクセスポイントネーム)設定を行います。アクセスする相手を登録するのです。これが本当に完了するとWi-Fiを切ってもネットが繋がっている状態になっているはずです。

 

iPhoneのSIMフリー化が必要

基本的に、端末に格安SIMを使おうとする時には、端末をSIMフリー化する必要があります。これは、キャリアで使用している時は、キャリアが他のキャリアのSIMで使われないようロックをかけているからです。ロックを外してフリーになったところで、初めて他社のSIMが使えるのです。SIMロック解除には、キャリア会社に依頼することができます。主にWebサイトから申込することができて無料ですが、店頭や電話で申し込むと有料だったりします。条件的には、現在契約中であること、端末購入履歴が確認できること、端末購入から一定期間経過していることになります。公式にSIM解除サポートが受けられない場合、色々方法はあるそうですが、自己責任になります。ちなみに、このSIMロック解除は「他社に使われないように」という目的なので、docomo回線を使っている格安SIMの場合は通信回線が同じなので、ロック解除が不要になります。

 

docomo通信回線を使っている格安SIMカード

docomo通信回線を使っている格安SIMカードのMVNOが圧倒的に多いです。Auがこれに追随し、その後をsoftbankが少しずつ立ち上げてきている状態です。docomo通信回線を使ったMVNOは、LINE mobile、OCNモバイルONE、楽天モバイル、IIJmio(みおふぉん)、BIGLOBE SIM、mineo(マイネオ)、DMM mobile、U-mobile、FREETEL(フリーテル)、DTI SIMなどです。

 

SIMを選ぶ時の注意点

SIMカードは、一口にiPhoneといってもサイズが異なります。実は同じAppleでiPhoneなのに機種によってサイズが違うのです。サイズが違うと当然使えないので、機種とサイズは必ず確認して注文しましょう。iPhone7Plus~iPhone5までは「Nano-SIM」になります。iPhone4と4SはMicro-SIMになります。iPadだと第5世代からmini以降までがnanoサイズになります。


こちらのコラムも人気です!