初めての格安SIM~私は安くなるor高くなる?~

getugaku-hikaku

とても安くなるタイプの人

  • スマフォ自体あまり使わない人
  • 音声通話で発信することが少ない人
  • 音声通話で短時間の発信をすることが多い人
  • LINEで大半の連絡が済んでしまう人
  • データ通信がメインの人
  • スマフォを購入してから2年以上経過している人
  • ちょうど2年ごとの契約更新月にあたる人

ソコソコ安くなるタイプの人

  • 音声通話で発信することが多い人
  • キャリアでスマフォを購入してから2年以内の人
  • 他キャリアへの乗り換えでキャッシュバックを追求している人
  • 着信の転送機能を利用している人

高くなる可能性の高いの人

  • 音声通話で長時間の発信することが多い人
  • 仕事などで音声通話を頻繁に発信する人
  • 毎日、必ず長電話をする人
  • 家族でキャリア回線を使っており、1台だけ格安SIMに替える人
  • 着信の転送機能を頻繁に利用している人

スマフォの月額がとても安くなるタイプの人の特徴

月額が大幅に安くなるタイプの人の特徴としては、スマフォ自体をあまり使わない人はもちろん、データ通信がメインで音声通話が少ない人も含まれます。格安SIM各社の月額最低料金プランは980円~1600円程度からとなるので、キャリア回線(docomo/AU/Softbank)と比べると大幅に安くなります。

格安SIMでは通話料金が別となりますが、音声通話で発信をすることが少ない人やLINEで通話も済ませてしまう人は、各データ通信量ごとプランの基本料金のみなので、月額はとても安くなります。

また、キャリア回線では、スマフォを購入してから24か月(2年間)は購入した端末代金に応じて毎月一定額の月額サポート割引が行われます。しかし、24か月を過ぎ、この月額サポート割引が終了した後は、毎月の月額が大幅に高くなるケースが大半です。高くなったキャリア回線の月額と比較すると、格安SIMでは3分の1以上安くなることも多いです。

現在のキャリア回線の契約が、契約更新月を迎えている場合には、MNPで格安SIM回線に乗り換えする際の9500円違約金が発生しないので、低コストで格安SIMに切り替えられ、月額料金を大幅に安くすることが出来ます。

スマフォの月額がソコソコ安くなるタイプの人の特徴

音声通話での発信が多い人は、格安SIMでは基本料金のほかに通話料金が別途発生しますので、格安SIMといえども通話料金が増える分の月額もある程度の金額になります。しかし、通話料金が半額になる専用アプリを使用したりや、定額でかけ放題となるオプションに加入することで、通話料金を安く抑えることが出来ます。

また、スマフォの電話番号への着信を他の電話番号へ転送する機能を使用している場合には、転送時の通話料金は20円/30秒となりますので、割引料金や定額かけ放題オプション料金は適用されないので、注意が必要です。

また、最近、キャリア(docomo/AU/Softbank)でスマフォを買い替えたばかりの人は、端末購入料金におおじて24か月間一定額の割引が行われる月額サポート割引が適用されているため、月額料金がある程度は安く抑えられています。そのため、格安SIMに乗り換えても、大幅に月額が安くなることは期待できませんが、それでも、キャリア回線と比べれば2分の1~3分の2程度に月額を抑えることが出来ます。

また、現在のキャリア(docomo/AU/Softbank)から他のキャリアへの乗り換えでキャッシュバックや本体一括0円や下取りなどのキャンペーンを見つけて活用している場合には、長期間のトータル金額で比較すると格安SIMへの乗り換えることで、それほど劇的に安くなることはないかもしれません。しかし、総務省からの指導によりこれらのキャンペーンはほとんど姿を消しています。

スマフォの月額が高くなる可能性の高い人

格安SIMに替えて、月額が高くなるケースはほとんどないのですが、通話料金が別なので音声通話の発信を多く・長時間行ってしまうと、月額料金がキャリア回線と比較して高くなる可能性もあります。

格安SIMでも、一定額でのかけ放題オプションに加入し専用アプリから電話を発信すれば、通話料金を安く抑えることが出来ます。しかし、専用アプリは面倒なので使いたくないとか、掛かってきた電話への返信で専用アプリが使われないなどの理由があると、高額の通話料金が発生してしまうことがあります。

格安SIMでは、音声通話で発信した場合の料金が20円/30秒となります。専用アプリやかけ放題オプションを利用することで、通話料金を安く抑えることが出来ますが、頻繁に電話する人や長電話する人にはあまり向いていません。

現在、キャリア回線で家族の複数のスマフォを契約しておりデータシェアパックなどの適用されている場合、データ使用量の多い1台だけ格安SIMに乗り換えたりすると、トータルの月額では若干高くなるケースがあります。このような場合には、家族全員で格安SIMに乗り換えることで大幅に安くすることが出来ます。

また、着信を他の電話番号へ転送する機能を頻繁に使用している場合には、転送時に20円/30秒が通話料金として発生するため、月額料金が高額となる可能性があります。割引料金や定額かけ放題オプション料金は適用されないので、注意が必要です。


こちらのコラムも人気です!