大学生には節約型の格安SIMがおススメ

大学生や専門学校生などはお小遣い節約のためにも格安SIMが欲しいところです。大手通信キャリアよりも半額近くの月額になる可能性があります。中高生と違って人との付き合いも幅が広がり交流が多くなったりもするので、安くて使い甲斐があるSIMであってほしいものです。月額が安く、かつ使いやすいところをピックアップして選びましょう。

 

学生が契約する時の注意ポイント

保護者ではなく、学生自身が格安SIMを契約する場合は注意が必要です。学生でクレジットカードを持っていない場合や、20歳未満では契約できない場合があります。特にクレジットカードについては、ほとんどの格安SIMの契約に関わるのであらかじめ契約方法は考慮しておきましょう。LINE mobileなどはクレジットカードの他にLINE Payでチャージ決済するなどの方法があります。また、本人確認書類も何が必要か事前の確認が必要です。よくマイナンバーカードが本人確認として一番良いように思われていますが、認められていない場合があるので注意しましょう。

 

学生におススメ格安SIM・LINE mobile

LINE mobileは「とにかく安くして連絡ツールとしてLINEだけでも」という切実な学生におススメです。LINE カウントフリーがあり、データ専用SIMなら1GBで月額500円という安さです。色々なSNSはありますが、広く共通的なのはLINEでしょう。進学入学して新しい友達ができた際には「とりあえずLINE交換」しておきたいところです。LINE mobileの学生に良いところは、親権者の同意は必要ですが18歳以上であれば自分名義で契約が可能なところです。クレジットカード以外にも契約が可能で、LINE Payをプリペイドのようにチャージして支払うことができます。LINE mobileらしいところですね。「通学にLINE MUSICを聴きながら通いたいから、月額がUPするけどもうちょっと容量を上げないといけないかも」と思っている方はMUSIC+プランが良いでしょう。LINEだけでなく、ツイッターやFacebook、instagramにLINE MUSICがカウントフリーです。プランとしては3GBからですが、データSIMで月額1810円ですから日常はほとんど不便を感じないのではないでしょうか。

 

学生におススメ格安SIM・楽天モバイル

学生が格安SIMを購入する時に最初に困るのがクレジットカードの有無です。クレジットカードが無いと契約ができない場合は多いのです。その点、楽天モバイルは口座振替でも大丈夫。楽天銀行やスルガ銀行のデビットカードなどで支払いできます。スマホと一緒に購入を考えている場合は格安スマホもセールで狙えますね。一人暮らしを始める学生には、ポケットWi-Fiや光回線を契約するつもりなら楽天モバイルの大容量プランもおススメです。20GBや30GBが安値なので、これをノートパソコンやタブレットにテザリングするのです。一日中ネットをしているという日々でなければ、安くてお手軽です。

 

学生におススメ格安SIM・UQモバイル

学生にとって安さだけでなく使い勝手も重要です。通信速度も肝心なポイント。お昼あたりの時間帯というのは、格安SIMにとっては速度が落ちやすい混雑時間帯ですが、学生にとってこの時間帯は大切です。お昼を食べながら音楽を聴いたりネットを見たりしたいものです。その点UQモバイルはこの時間帯が強いのです。話題の動画を友人と見たり、なんていうシチュエーションもOKでしょう。UQモバイルの注意点はCMなどで印象的な「月額1980円」というセリフです。実はずっと1980円でお得というわけではなく、1年目のみ1GBプランのみなど条件があるからです。「3GBくらいは最低でも欲しい」と思っている方は1年目は2980円ですが、翌年はそこにプラス1000円になってしまうので、キャリアよりは格安ですが、決して激安ではないところを知っておきましょう。


こちらのコラムも人気です!