完全定額で通話ができる!お得な通話ができるMVNOまとめ

格安スマホでの音声通話事情

img_dummy01

MVNOからリリースされている格安のモバイル通信サービスである格安SIMを利用して運用するスマホを格安スマホといい、場合によっては大手携帯キャリアと比較して月額料金を3分の1以下まで下げることができることができるので、通信費の節約手段として近年高い注目と期待を集めています。

格安SIMはデータ通信料金が大手携帯キャリアよりも遥かに安いというメリットがある一方で、工夫をしなければ毎月の通話料金が莫大な金額になってしまうというデメリットもあります。

大手携帯キャリアと契約してスマホを利用する場合、完全定額料金で通話がし放題になるプランを選ぶことができるので、ビジネス等で音声通話を度々利用する人にとっては非常に貴重やなプランであると言えるでしょう。

一方で格安SIMの場合、殆どのプランにおいて無料通話分は無く30秒毎に20円の通話料金がかかります。通話料は完全な従量制となっているケースが殆どなので通話を多く行えば行うほど多額の通信費がかかってしまうのです。

最近では定額料金でお得に通話ができるオプションの取り扱いを始めるMVNOも多くなりましたが、その多くが5分以内の通話がし放題になるといった条件付きのオプションとなっているので、毎月長時間通話をする人にとっては十分とは言えない内容になっているのです。長時間の音声通話を行う人でもお得に利用できる格安SIMサービスはあるのでしょうか。

格安スマホでも完全定額で通話ができる

img_dummy01

最近では定額料金で音声通話ができるオプションを取り扱うMVNOが増えましたが、中には完全定額で通話がし放題になるという内容のオプションを取り扱うMVNOも出てきました。完全定額で音声通話ができる格安SIMに付いて紹介を行い、それぞれのプランの特徴や注意点について比較を行っていきます。

ワイモバイル

ワイモバイルの格安SIMは基本となるスマホプランにも無料通話分が含まれており、1回あたり10分以内の通話が月に300回までかけ放題となっています。完全定額で通話し放題にするためには、月額1000円のオプション料金を支払い、スーパーだれとでも定額というオプションに加入することで可能となります。スーパーだれとでも定額に加入をすれば、相手先の回線や通話時間、通話回数に関係なく追加の支払い無しで通話がし放題になります。

NifMo

NifMoでんわというIP電話アプリにオプションを付帯することで国内通話や国外通話が定額料金でかけ放題になります。オプション料金は、国内通話かけ放題が月額1300円、国内通話と国外通話かけ放題が月額2700円となっています。最大のメリットとしては、海外への通話も定額料金でかけ放題になるという点が挙げられます。

一方で注意点としては、通常の携帯電話回線ではなく、IP電話を利用した通話オプションだという点にあります。インターネット回線を利用して通話を行うので、利用の際にはデータ通信量を消費しますし、低速通信時などには音声が乱れる恐れがあります。

また電話番号を通知して通話発信をした場合でも、相手の通信会社にとっては非通知と表示されてしまう恐れもあります。

イオンモバイル

イオンモバイルもNifMoと同様にIP電話回線を利用したかけ放題オプションの取り扱いがあります。オプション料金は月額1500円で専用の050IP電話アプリを利用して通話を行うこととなります。

なおイオンモバイルのIP電話アプリは低速の通信速度でも利用できるような設計となっており、上り速度も下り速度も20kbpsの通信速度があれば通話が可能な設計となっています。

オプション料金がやや高めというデメリットがありますが、速度制限がかかった状態でも安心して使えるという点に大きなメリットも同時に有るといえるでしょう。


こちらのコラムも人気です!