乗り換えるとこんなにお得!格安SIMのおすすめなところ!

格安SIMに乗り換えるとこんなにお得!

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

やっぱり一番は経済的なところ

格安SIMへの乗り換えで、一番何を期待するかというと、通信料金コストが大幅に下がることではないでしょうか?docomo、au、softbankの三大キャリアでスマートフォンを使おうとすると、最低でも月額7000円はかかってしまいます。プランによっては10000円を超えてしまうこともあります。

しかし格安SIMなら月額1000円程度から様々なプランが選べます。また格安SIMを提供するMVNOは、docomoから(最近ではauからも)回線を借りて事業を展開しているので、通信速度や通話品質などは、docomoと大差ありません。あまり外出先でデータ通信をしない人や、自宅では無線LANを使用している人は、格安SIMでも不便はしません。

自由に好きな機種が使用できる

最近ではSIMフリー(最初から格安SIMの利用を前提としていること)の格安スマホも様々なメーカーからリリースされています。格安スマホは家電量販店でも簡単に購入することができます。3大キャリアからリリースされているスマホでは満足できないという、スマホ機種にこだわりたい人たちにも格安SIMはおススメです。

また3大キャリアのスマホも、条件を満たせばSIMフリー化することできます。ですからたとえばsoftbankでリリースされたスマホを、格安SIMで利用することも可能なのです。格安SIMを使えば、格安スマホから3大キャリアのスマホまで、自分の好きな機種を自由に選ぶことができるのです。

乗り換える上で知っておくべきこと

c8bc8ead598e867e1172d4c417c90d7d_s

キャリアメールが使えない

一方で格安SIMへの乗り換えにはいくつか理解しておかなければならないことがあります。

まず一つ目がMVNOが提供する格安SIMでは、キャリアメールが使えないということです。キャリアメールとは、「〜〜@docomo.ne.jp」や「〜〜@softbank.co.jp」といった3大キャリアが提供するメールアドレスです。

そのため格安SIMに乗り換える人は、gメールやヤフーメールなどといったフリーメールアドレスを取得して利用しなければなりません。最近ではLINEやSkypeといったサービスを利用してメッセージを送ることも一般的にはなっています。

LINEやSkypeを日常的に利用している人は、あまりキャリアメールにこだわる必要が無いのかもしれません。しかしキャリアメールをよく利用していた人は注意が必要です。

音声通話に不都合があることも

もう一点理解しておかなければならないことは、通話をする上で不都合が生じることもある点です。上で述べたように、格安SIMは1000円程度のプランから利用できますが、このプランでは音声通話が利用できません。

これまでの3大キャリアでのスマホと同じように電話としての利用を考えるのならば、MNP制度を利用して、音声通話付きの格安SIMに乗り換える必要があります。音声通話付きのプランはデータ専用のプランと比較すると少し高くなりますが、それでも1000円代からありますし、これまでの3大キャリアと比べると価格の差は歴然としています。

ただし音声通話付きプランだと、3大キャリアにあったような無料通話分がありません。ですので、電話をよくする人は通話時間い応じた電話代を払わなければならなくなります。こういった人たちはLINEやskypeの音声通話機能を利用することで、電話代を削減することができます。

以上の点を理解した上で、3大キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えることを検討してみても良いのではないでしょうか?


こちらのコラムも人気です!