端末保証のある格安SIM

「格安SIM(回線契約)」+「スマホ(端末)」のセットで購入すると、事前に設定などを行ってくれ、とても便利です。しかし、格安SIMで心配なのは、安さという上に故障や破損時の「保証」はどうなのかということです。

特に「格安SIMでは端末補償は受けられない」というイメージは強く、ここがキャリアから格安SIMへ乗り換えをためらう原因にもなっていたりします。

一部の格安SIMでは、端末の故障や破損を保証する端末保証オプションというものを用意しており、これにより故障や破損時には一定の金額で修理や交換をしてもらうことが出来ます。

また、「メーカー補償」を利用するという手もあります。メーカーが設定している「保証期間」内であれば、故意でなければ端末修理や交換の補償が受けられます。ただし、破損の場合には無償ではなく、修理代金や交換代金などが発生する場合があるということを覚えておかなければなりません。

 

LINE mobileの「端末保証オプション」

LINE mobileの「端末保証オプション」は落下や水没などのトラブルに備えたものです。購入時に限り申込可能で、最低限の負担で端末交換や修理をすることができます。

なんと、LINE mobileで購入していない端末も対象になります。LINE mobileで端末購入の場合は月額450円、持ち込み端末の場合は月額500円の利用料金になります。

例えば、LINE mobileで購入した端末に月額利用450円(初月無料)で申込した場合、1回目の交換修理代金は5000円、2回目は8000円になります。安くは無いかもしれませんが、今手にしている端末が全てダメになってしまったことを考えると、お得といえるでしょう。

 

楽天モバイルの「端末補償(端末同時購入時限定オプション)」

楽天モバイルにも端末補償があります。水没・破損・全損・故障に対応していて、月額500円で加入できます。楽天モバイルの場合は、SIMと端末を同時購入し申し込みをする場合のみ加入可能となっています。SIMのみ購入で端末は持ち込みという場合は、このオプションは適用されません。メーカー補償もありますが、自損や水濡れなどはメーカー補償対象外になることが多いので、ぜひ加入しておきたいオプションといえるでしょう。

トラブルがおきた際には「楽天モバイル端末補償センター」へ連絡し、故障した端末を集荷してもらいます。自己負担金は機種によって違いがあります。だいたい4000円から7000円というところでしょう。

 

Mineo(マイネオ)の端末保証

Mineoの端末保証は利用に応じて3つのサービスがあります。1つ目は「端末安心保証サービス」で機種が限定されますが月額370円で交換代金1回目を5000円、2回目は8000円、3回目以降は実費となっています。2つ目は「端末安心サポート」で、AtermやSl-LAの端末の場合適用されます。

何と、自宅に着てくれて故障端末と代替機をその場交換してくれるのです。利用月額は370円で、免責金(サービス利用時の自己負担金)1年目は5000円で、2回目は8000円です。3つ目は「持ち込み端末安心保証サービス」です。Mineoで保証可能端末であれば適用されます。

ただし代替機の貸し出しは有料で3000円。月額利用料は500円となります。「やっぱり持ち込みは高くなるのか」と思いきや、1回目の利用は交換自己負担5000円で、修理であれば無料になります。2回目は8000円で修理はやはり無料。3回目以降は実費になります。

 

BIGLOBE SIMの端末保証サービス

自然に故障してしまうこともありますが、破損や水濡れは結構あるトラブルです。BIGLOBE SIMでは月額500円で端末保証サービスを受けることができます。これがないと、本体価格5万円なんていう端末はもうお手上げの金額になってしまいます。

修理交換に対して「Android端末」のみですが4万円まで費用保証してくれるのは魅力的です。しかも、BIGLOBE SIMで通信を行っている「Android端末」なら保証に台数制限なし。対象端末であれば中古端末も対象になります。

注意したいところは、サイトに明記されていますが、保証対象外の破損などトラブルがあることです。よく条件を知っておいたほうが後で「保証対象外のトラブルだった!」とガッカリしないで済むでしょう。

 

関連コンテンツ:

端末保証オプションの各社一覧比較


こちらのコラムも人気です!